教育学者O氏との会話

 教育学者であるOさんから有意義な質問などを受けましたので再現します。
   
 O氏  
  二度も手術して一向に治らなかったこの肩がこちらで治療を受けてすっかり楽になったのを自分は奇跡と思っているけど、いろんな人に言っても多くの人が信じてくれないです!
   
秋山  
  それは無理もないと思います。また、何でも治るわけはありませんし。
   
 O氏  
  僕も最初は疑っていたけど、当日の帰り道から楽になりだして夜にはさらに楽になり、翌朝には治癒しつつある事を確信しました!
   
秋山  
  疑いを抱くのは当たり前というか、理性的でニュートラルな反応だと思いますし、みなさん最初はそうです。
ただ、極端に否定をされると良くなりにくいかも知れません。
氣(=意識)のレベルで拒絶が起きているからです。
妙薬を手渡してもゴミ箱へ直行みたいな事が気のレベルで起きるかも知れません。

心を開いて頂ければベストなんですが、
そういう意味では心を開いていただけるだけの僕でないといけませんね。

また、
思考というのはやっかいで、
知らないことはとりあえず否定してしまうという人は何割かいるものです。
私は極めて理性的なので、だまされないぞ!って。(笑) 
ただ、そういう方の気持ちがよ~く分かるんです、なぜなら、僕自身が元々そういうタイプだったから。
だから、直感的に動ける方はすごいなぁと思います。
   
 O氏  
  ところで、何で治るの?(笑)
   
秋山  
  (笑)  
骨や筋肉などの組織を狙って調整させてもらっているわけではなくて、
ここだけの話ですが、
もっとミクロな原子とか量子とかというレベルに意識の焦点を合わせています。
氣って、光子レベルの存在なのでそのようなレベルに作用をしていると思います。
まあ、見てきたわけではないので、思いますとしか言えませんが。(笑)
しかし、おそらくは
原子とか量子とか光子とかのレベルでその状態が正常化してくれれば、当然の帰結としてそれらで構成されている身体(肉眼で見えるレベル)は正常化すると考えています。
   
 O氏  
  どんな病気・症状を得意としてますか?
   
秋山  
   (^_^;)、いやぁ、
その方の内にある自然治癒力を鼓舞することが僕の仕事だと思っており、その結果、難治性のものでもすごく早く改善する場合もあるし、そうでない場合もあり、どの症状って特定はできないです。

よく冗談みたいに例えるのですが、
僕は塾の先生みたいなもので、僕も一所懸命に合格できるように頑張りますが、合格できたら、その力は100%本人さんなんですね。それが起きるようにサポートさせてもらうだけです。
   
 O氏  
  教育と同じですね!(注:現在、教育学部で教鞭を執っておられます)
いつも学生に言ってるんです。
『教育とは、いろいろな意味で子どものやる気をどれだけ引き出すか!がとても大切であり、それに成功したとき、教師という仕事がどれだけ楽しいものかが分かる。だから是非それを体験して欲しい。』と。
   
秋山  
 

治療と同じですね! 
本日は有意義なご質問、ありがとうございました。<(_ _)>

 

 

 

〒540-0003

大阪市中央区森ノ宮中央

   1-6-19 TNビル302

℡:    06-6941-7059

Mail:  tairoa☆gmail.com

(☆を@に変えてください)

ブログ》tairo.exblog.jp

側頭骨のゆがみ
>> 続きを読む

治療後のだるさ・ねむけ
>> 続きを読む

身体が軽い感覚
>> 続きを読む

耳を澄ませる
>> 続きを読む

鼠径部痛
>> 続きを読む

人間万事・・・・・・
>> 続きを読む

脊柱管狭窄症
>> 続きを読む